手術や種類のあれこれ

草に寝転ぶ男性

いざ包茎を治そうと思い、包茎手術に臨もうとしますがここで気になる事が発生するかもしれません。それは包茎手術はどの様な物があって、自分はどの方法で包茎治療をされるのかどうかです。興味がある方や恐怖心が拭いきれていない方など、多くの方が手術方法を知りたいと考えるはずです。もちろんちゃんとしたクリニックへ赴けば、診察を受けますし手術となればちゃんとした説明を受ける事が出来ます。何も知らなくても包茎は治せます。しかし人には事前に知っている状態で物事に臨みたいと考える方も大勢いるのです。ならば知ってみる価値はありますし、知る事によって恐怖心を拭う事が出来て無事包茎手術に臨めるという方もいます。手術と同時に気になる事といえば、保険の適用はされるのか否かという事です。これははっきり言うと包茎手術に保険は適用されないのが当たり前です。しかし場合によっては「包茎手術は医療行為である」と認められる事があります。その際は保険が適用した状態で手術を受ける事が可能となります。まずはやはり診察がなければ何とも言えません。治療費に関しては基本的に全額負担であり、保険適用は考えない方がいいです。手術方法はインターネットなどで簡単に分かります。

まず知っておくべき事は、包茎には3つの種類があるという事です。カントン・真性・仮性という形で包茎にも種類があります。一目見れば自分がどの種類であるのかという事は理解出来ます。しかし最終判断は診察を承った医師に任せましょう。種類によって自分がどの種類の包茎手術を受けるかどうかが確定していきます。その人に適している手術を医師は行いますので、しっかりと相談をしながら手術方法を選択してきましょう。ここで注意するべき事は、病院によっては出来る手術と出来ない手術があるという事です。それを頭に入れておいた状態で手術を知りましょう。ほとんどの場合に行われる手術方法に、環状切開とバックカットがあります。勘定切開は皮を輪切りに切除して縫合を行なう最もメジャーな手術になります。バックカットは亀頭が皮とくっついてしまっている場合に行われる方法であり、まずはくっついている亀頭から皮を剥がしてそれから切開して縫合といった形になります。手術方法はまだまだ存在していますが、この二つを覚えておいた状態であらゆる手術方法を知ってみましょう。調べてみると結構詳しく説明されている場合が多いので、イメージもしやすく手術のビジョンが鮮明になります。

Menu